格安・激安ホームページの注意点まとめ


先日、こういうご相談をいただきました。

「格安ホームページ作成サービスのデメリットってありますか?」

そもそも金額が安いのでそれ相応のクオリティですし、リスクがあったとしてもしれています。そう考えるとデメリットは少ないと思います。
ただし、過度に期待をして格安の制作者に発注をし、思うサイトができず”安物買いの銭失い”になるパターンが非常に多いです。

 

安い方がうれしいという心理は否めません。しかし、実際、安ければいいというものでもありません。

安ければ安いなりに何かを節約しているはずです。

能率化しているかもしれないし、悪く言えば手抜きしているのかもしれません。

このことは、特に法人(中小企業・個人事業主)の方は注意してほしいと思います。

 

e949e6e173d5750d9c6f7977835433d2_m

1サイトのホームページ制作(10~20ページ)で30万~50万はぼったくりか?

弊社もWeb制作者側の立場ですが、あえて同業者に内情を色々と聞いてみました・・・

案外このくらいのコストでも、制作側にとっては割に合っていないものなのです。

 

お客様に出向いて、打ち合わせをして、それをデザイナー等適材適所に役割分担させ、営業経費や旅費交通費・会議費・事務所費等払って・・・ などなど

こう見ると、結構かなりな値段になることがお分かりいただけると思います。

 

サイトを構築するには、総合的にプロデュースする”Webプロデューサー”の存在があります。
お客様が、サイト構築に対する知識ノウハウを持ち合わせていらっしゃるケースは稀なことで、クオリティの高いサイトを制作するほどプロデューサー経費は必然的に高くなっていきます。

Webプロデューサーは、お客様からニーズを聞き出し一緒に戦略を考え、各専門分野への橋渡しが仕事。Webプロデューサーだけでも10万円余分に見ておいた方がいいと思います。

 

画像数にもよりますが、ユーザー様オリジナルのWebデザイン構成で10万弱ぐらいの工数がかかります。

文章制作には、文章を入力する人に1ページ1万と仮定すると5ページで5万。プロデューサーを挟むので1ページ2万が相場です。

 

flashを入れるとさらに10万余分に見ておいた方が良いでしょう。

SEO対策を考えると、プラスアルファ10万。

Yahooビジネスエキスプレス + クロスレコメンドに登録すればそれだけでも10万近くかかります。

検索エンジン登録代行などのご要求にも、もう少し経費がかかります。

 

以上のことから試算しても、仮に5ページの会社案内サイトを作成することとして、

1.プロデューサー+デザイン+入力+flash+SEO

10万+10万+10万+10万+10万=50万

flashとSEO対策用のディレクトリ登録をなくせば・・

2.プロデューサー+デザイン+入力

10万+10万+10万=30万

3.出来合いのホームページに、お客様が入力して作るかつプロデューサーを挟まないなら

5万

単純計算でいえばこうなります。

 

もちろん、サイトによって必要な工程、その費用は様々ですので一概には言えません。手間のかかる画像もあれば、簡単な画像もありますし、複雑なflashもあれば簡単なflashもあります。

打ち合わせ回数が多ければ必然的にプロデューサー経費は高くつきます。

”格安でホームページ制作請け負います” と宣伝しているところもあります。

”SEO対策済み” と謳っている業者もたくさんあります。

 

 

ズバリ打ち明けると!

 

そういった制作業者は、デザインこそ見栄えよくしていますが、弊社の視点で言えば手抜きのSEOがほとんどだと思っています。
かつウェブマーケティングという概念も欠けていると思います。

 

オリジナリティを出したい! 競合に強いサイトを作りたい! のであればお勧めしません。
特に飛び込み営業・DM・FAX・ホームページ等だけで決めることのないようにしてください。

 

もし、そういった格安ホームページ会社に制作してもらうぐらいなら、ご自分でBiND for weblife等のウェブ制作ソフトを活用して勉強し制作された方が、後々のことを考えるとまだ良い方法だと思います。

 

それでも・・・
間に合わせのホームページでよろしいのであれば、格安で制作を頼むのも一つの方法かも知れませんが・・・

 

仮に弊社が格安ホームページを請け負うとなれば・・

基本的には、メール対応しかできません。電話やプロデューサーを挟めば必然的に経費がかさむからです。
文章はお客様からご提供いただき、貼り付けます。明らかにおかしい部分のみ修正。
デザインは、きれいなフリーテンプレートをいくつか用意しておき、色を変えて使いまわします。
画像は、ご提供いただいたものをリサイズしたり、テキストを入れたりするぐらいです。
本格的なSEO対策まではお受けしかねますので、meta タグを入れh1,h2タグを活用しYahoo・Google検索エンジン登録をすることぐらいまでです。
上記以上のことは基本的にできかねます。

 

公開後のサポートについても、都度料金をご請求させていただくスポット対応となります。

 

真剣にSEOを考えるならば、検索キーワードを考え、かつ重要キーワードの配置を考える必要がありますが、それだけでも相当の時間がかかるものです。
デザインにもにオリジナリティを出されたいとお思いでしたら、オリジナル画像を制作するだけでも相当の時間がかかるものとご認識ください。

 

わかりやすく言えば ”手抜きのホームページ” なのです

激安・格安ホームページ制作で安くできるには理由があります。

たとえば、SEOについてはmetaタグ,h1,h2タグこそ多少は活用しているものの、真髄は突いておらず私の視点では突っ込みたいところが多々あります。

SEOは半年も経てば、それに有利な対策も手法も変わります。3年前以前のSEO対策しかしておらず、そのままのサイトが実に多いです。

 

見極める目が大切になりますが、お客様のほとんどは見分けができないのが実情です。

 

企業サイトですと、下手に公開すれば信用度・イメージ低下になりかねません。
激安・格安ホームページを頼むのことは吝かではありませんが、それなりに詳しい方に見極めてもらった方が宜しいかと思います。
かといって高価でも、丸投げもよくはありませんが・・・

 

10万程度それ以下のサイト制作であれば、ある意味、手抜きサイトと言えます。
Webプロデューサーが存在しないか、専任Webデザイナーがいないか、SEOに詳しい技術者がいないか などが見えます。
パッケージ化された出来合いに近いサイトの中に、お客様からいただいた文章を入れるだけ。
もしくはお客様ご自身で入力して作り上げていくことになります。

 

※格安ホームページ全てがダメと言っているのではありません。見極めることができなければ、見分ける力を持っている方の参考意見を聞きましょう。

 

まとめ

今回は、あくまでも私の視点でホームページ制作の相場価格の考え方を書いてみたつもりです。

激安・格安ホームページは、”それでは終わず追加がある” ”そこで完全打ち切り” かです。
打ち切られれば、それに満足できずにさらに投資をすることになります。
結局、ホームページ制作とは人が生産するものですので、相応のコストは必ずかかるものとご理解いただければと思います。

 

過剰にコストをかければ良いホームページが出来上がるかというと、そうではありません。

相場とは、それなりに蓄積された実際の中で適性に近い価格のことを言います。

不透明なホームページ制作価格だからこそ、相場価格をご参考にいただき、無理の無い、失敗感を抱かない貴社のホームページを制作いただきたいと願っております。

 

【ご参考に】

フーパーコムシスのWeb制作・Webサポート 》コチラ