サイトリニューアル必要性(ブラウザ)


WindowsXP サポート終了!

2014年4月で、WindoesXP、Office2003、WindowsServer2003 などのサポートが終了しました。

パソコンOSも一気に新しいタイプ(Windows7、Windows8)になっています。

br

Windouwsが新しくなると、ホームページを見るブラウザ(IE、Firefox、GoogleCrome など)も新しくなりました。 ホームページをご覧になるユーザーにとっては、いいことですね。

(パソコンの買い替えはイタイですが...)

br

しかし、ココで落とし穴が・・・

br

既存のホームページが新しいブラウザで同じように見えるとは限りません!

ずいぶん前に制作した開発技術では、新しいブラウザに適合しない場合があり、ページが崩れたり、メールフォームなどCGIプログラムが動かなくなるなど様々な問題が次から次へと発覚しています。

br

また、すべてのブラウザでチェックしないとわからないことが厄介。

制作会社側も予測できる限界にきています。

br

企業や店舗では、ホームページは事業の道具としてなくてはならない時代。

そのホームページが表示できなかったり、注文が入らなくなったり、役に立たない状態になると大変なことになります。

br

ホームページオーナーさんは、早めにホームページをリニューアルされることをおすすめします。

br

br